アジサイの育て方で注意すべき点|アジサイの育て方を知ろう【梅雨に咲く綺麗な花】

綺麗なアジサイの育て方

アジサイがかかりやすい病気について

病気に強い植物

アジサイは病気にかかりにくい植物として有名です。しかし、過湿や雑菌が多いと様々な病気にかかってしまうリスクも十分にあります。そのため、定期的にケアすることが大変、重要になってきます。そして、これからアジサイがなりやすい病気について説明するのでチェックしておきましょう。

アジサイの育て方で注意すべき点

アジサイ

黒点病

黒点病とは、葉に淡褐色や黒色の斑点が出て、最終的に落葉する病気になります。この黒点病の病原菌は高温多湿の環境を好んでおり、アジサイの育て方で風通しが悪いと繁殖しやすいです。黒点病を予防するには、総合殺虫剤を定期的に土へ注入するか、高温多湿な環境にしないことが大切です。

炭そ病

炭そ病も、黒点病同様に葉に斑点ができる病気です。また、斑点ができるだけでなく、穴が開いたり枯れたりするのも炭そ病の特徴です。そして、やはり炭そ病の病原菌も高温多湿の環境から伝染していきます。ですから、主に水和剤などを活用して予防・治療することをオススメします。

うどんこ病

葉や花の上に白い粉をまぶしたように白くなっているのを見たことありませんか?あれはうどんこ病といってアジサイもなる可能性がある病気になります。このうどんこ病はかかってしまうと光合成ができなくなり、最悪、花が咲かなくなります。そのため、かかった時点で早急に治療するようにしましょう。

しっかりと予防する

上記で説明した三種類の病気がアジサイに猛威を振るいます。ですから、病気にならないためにも、しっかりと予防することが大切です。また、もしも病気にかかってしまったら、病気にかかった部分を切り落とすなど早急に解決することが望ましいです。

広告募集中